Top

黒豆とライスの毎日。虹の橋へと旅立ったもやしとみるくの事。
by ako-dear
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
profile

★黒豆
Mダックス
誕生日2003年2月27日♀
74gの超未熟児で誕生。
なので今もチビダックス。
ちょっとメタボ気味。
「1週間命は持たないです」
と言われ1時間起きの授乳を
24時間し命をとりとめる!
生まれた時あまりにも小さく 黒豆のようだったので黒豆と命名

★ライス・ジョンソン
トイプードル
誕生日2008年6月21日♂
2009年1月17日ペット里親会よりやってきた。
同21日正式に家族になる!
保健所に捨てられ里親会に保護された時に
2.8キロしかなかった体重も
今では6.8キロのデカプー。H 42cm L 40cm
太っているんじゃないんです。デカいんですよ~。


★もやし 5才♀
 H20.4.24虹の橋へ
★みるく 7才♀
 H20.12.9虹の橋へ

メールはこちら♪
ペット回収車
昨日ふとついていたテレビで観た。
ペット回収車の事。(下に動画があります)

無責任な飼い主の言葉に絶句。
怒りが収まらない!!
今まで何度もこういう特集を目にしてきたけれど
そのたびに強く憤りを感じる。

そして、今回は特に身近に感じる思いで涙が止まらない。
我が家のいたずら王子、ライスも元捨て犬・・。
普段はそんな事忘れているけれど
このテレビの特集を観て奥底から怒りがこみ上げてきた。

ライスが居たふれあいセンターでは殺処分を減らしなるべく譲渡するような方針で
いた為助かったそうですが
即殺処分のセンターにいたら・・もうこの世にはいないのです。
ライスは人間が大好きで甘えっ子で・・
でもさびしがりやで家の中でも
いつも私のそばを離れないでくっついて歩いてます。
無償の愛をくれるライス。
そんなライスは元飼い主に裏切られどんな思いでいたのでしょう。
悔しくて悔しくて仕方ないです。

病気だから、引越しだから・・色々な理由で使い飽きたおもちゃを捨てるように
センターに犬猫を入れる人間。
どうしても飼えなくなる事があるかもしれない、でもセンターに持ち込む前にするべきこと
をしてほしい。新しい飼い主を見つける努力。

家族同様に暮らしてきたペットを平気で殺す神経が信じられない。
その神経、人間社会の中にも影響あると思う。とっても怖いこと。
小学校など学校の授業で命の尊さを教えるべき!
小さくても大切な命なんだぞ!!!


昨日テレビ朝日で放送していたものは
数ヶ月前にも放送されていたようです。
↓の動画は昨日とほぼ同じものですが以前放送したものです。

このような現実はあまり目にしないし
知らないものです。
もっと多くの人に知ってもらい。もっと関心をもってほしいです。
1人1人の意識の改善から何か変わっていってほしいです。

センターにいるライス。
ちらっと見える青い首輪は前の飼い主がつけたのでしょうか?
複雑な思いで見る首輪。今も捨てられずしまってあります。
b0151505_11394138.jpg









↓ 参加中です♪宜しくお願いします(o^∇^o)ノ
にほんブログ村 犬ブログへ
[PR]

by ako-dear | 2009-07-17 11:39 | 黒豆とライスの毎日
<< シャッターチャンスって難しい(... 新しい~デジカメ♪ >>