Top

黒豆とライスの毎日。虹の橋へと旅立ったもやしとみるくの事。
by ako-dear
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile

★黒豆
Mダックス
誕生日2003年2月27日♀
74gの超未熟児で誕生。
なので今もチビダックス。
ちょっとメタボ気味。
「1週間命は持たないです」
と言われ1時間起きの授乳を
24時間し命をとりとめる!
生まれた時あまりにも小さく 黒豆のようだったので黒豆と命名

★ライス・ジョンソン
トイプードル
誕生日2008年6月21日♂
2009年1月17日ペット里親会よりやってきた。
同21日正式に家族になる!
保健所に捨てられ里親会に保護された時に
2.8キロしかなかった体重も
今では6.8キロのデカプー。H 42cm L 40cm
太っているんじゃないんです。デカいんですよ~。


★もやし 5才♀
 H20.4.24虹の橋へ
★みるく 7才♀
 H20.12.9虹の橋へ

メールはこちら♪
もやしの命日
b0151505_065674.jpg

b0151505_061320.jpg

b0151505_04281.jpg



今日4月24日はもやしの命日。

1年目までは去年のこの頃は・・あの時に・・・などと思い出し1年間辛かった。

けれど1年を過ぎると少し気持ちが楽になってきて

泣かないでもやしの話も出来るし

死を理解出来る心境になれたかなと思います。



けれどやはりこの1ヶ月は闘病中を思い出して、とてつもなく切ない気持ちでした。

ゆうべが一番辛かったなぁ。

もやしは24日の明け方に亡くなったので

その時刻が近づくのが辛くて・・

逃げるように早目に寝てしまいました。

すると不思議。

もやしが亡くなった時刻に目がスッと覚めて

私、「もやし・・」とつぶやきにっこりと笑っていました。

確かに起きて。時計を見たし。

でもその後は記憶なし(^_^;)



朝、家族を駅に送ってから1人になりふとそのことを思い出して

声をあげて泣きました。

あれはもやしが会いに来てくれたんだろうなぁ。

2年前の事がサァーと甦り今の出来事に感じて号泣。

しばし泣いた。



それでも2年が経って少しづつ時間の薬が効いてきた。



『いつでも会える』の絵本のように

目を閉じればいつでも会う事ができる。

その事が2年経ってわかるようになって。

いつでも心の中にはもやし、そしてみるくもいて。

目を閉じればいつでもどこでも会える。

ほらあの甘えた笑顔、キラキラ瞳、怒った顔、

フワフワの体。

いつでも思い出せるものね。

そう感じることができるようになったのは私にはすごい進歩。



でもこれからもやっぱり泣いちゃうと思うよ。

これは悲しみを流し出す儀式のようなもの。



『パコと魔法の本』の中で

「どうしたら涙を止められるか?」と聞くシーンで

パコが

「簡単だよ。思いっきり泣くことだよ。」

と言った。



本当にそうだと思う。

思いきり泣いて、涙が止まったら元気になれる。



今日はたくさん泣いて元気になったら

お散歩に行こう!



公園のお友達に会って今度はたくさん笑って。



ふと黒豆ライスを見ると

b0151505_074461.jpg

b0151505_075890.jpg


あらま。

2匹+ダッフィー。

一緒に仲良く寝ていたのね。

ダッフィーもうつぶせ( ´艸`)

黒豆、ライスの枕になってる、重そう~(゚∀゚ ;)



↓ 参加しています♪よろしくお願いします(o^∇^o)ノ
にほんブログ村 犬ブログへ
[PR]

by ako-dear | 2010-04-24 11:50 | 黒豆とライスの毎日
<< カナダへ ほっこり市 >>