Top

黒豆とライスの毎日。虹の橋へと旅立ったもやしとみるくの事。
by ako-dear
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile

★黒豆
Mダックス
誕生日2003年2月27日♀
74gの超未熟児で誕生。
なので今もチビダックス。
ちょっとメタボ気味。
「1週間命は持たないです」
と言われ1時間起きの授乳を
24時間し命をとりとめる!
生まれた時あまりにも小さく 黒豆のようだったので黒豆と命名

★ライス・ジョンソン
トイプードル
誕生日2008年6月21日♂
2009年1月17日ペット里親会よりやってきた。
同21日正式に家族になる!
保健所に捨てられ里親会に保護された時に
2.8キロしかなかった体重も
今では6.8キロのデカプー。H 42cm L 40cm
太っているんじゃないんです。デカいんですよ~。


★もやし 5才♀
 H20.4.24虹の橋へ
★みるく 7才♀
 H20.12.9虹の橋へ

メールはこちら♪
最愛なるもやしみるく~呼吸器専門医の元へ~
虹の橋へ旅立ったもやしと現在闘病中のみるくが同時に発症した病気の事。
発症した2007年4月からの経過を綴っています。
最愛なるもやしみるく~発症~
最愛なるもやしみるく~転院~
最愛なるもやしみるく~獣医師への不信~のつづきです。

b0151505_12411316.jpg



抗生物質などの薬を飲まなくなってから、2匹ともしばらくは咳も前よりもおさまっていました。
けれど、脇腹の呼吸の激しさは目に見えてわかり、
走ったり、吠えたりすると呼吸が苦しそうでした。
みるくはお散歩や日常生活は支障をきたさない程度でした。
けれどもやしは夜寝れない時もたくさんありました。
そんな時にはステロイドを飲ませると、とても元気になっていました。
調子の良い時もあってお散歩も出来たり、
ひどい呼吸困難で寝れないときもある
その繰り返しでした。
2008年お正月を過ぎる頃、次第にもやしは食欲はあっても食べると苦しくなり、上を向きハアハアと苦しそうにして、食べる量も減りました。体重は減りガリガリになってきました。
もともと、小さく細いもやしが、ますます小さく細く空気の様に軽くなっていきました。

けれど「この病気は治らないからね~」
先生はいつもこの一言でした。見放されたような気持ちは常にありました。
治らない病気だとしても苦しみが少しでも楽になるような方法があるのでは?
本当にこの治療方法で良いのだろうか?
おかしい。
この病院では、このままだ。
他に苦しみを楽にしてくれる病院があるかもしれない。

でも・・探す方法も何もわからない。
誰に聞いたって、わからない。
そしてインターネットで必死に探しました。
同じような症状の犬はいないのか?
詳しい病院は・・?

ひとつ・・
家からはずっと離れた場所に、呼吸器科を持つ病院を見つけました。
家からどのくらいかかるのだろう?
パパは仕事子供達は学校があるので一緒には、なかなか行けない。
一人で2匹を連れて行けるのか?

それでも日帰りで帰ってこれる場所だろう。
このままでは、苦しいまま。
少しでも楽にしてあげられれば・・
その一心で予約のメールをしました。

今までの経過や症状とを書き込みました。
すると返事には
いくつかの質問があり
さらに詳細にみるくもやしの事を伝えることができました。

診察は、一日がかりになるそうで2匹同時には診れない為
症状の特にひどいもやしが最初に診察することになりました。
予約は3週間後です。

その話を母にすると
同じく2匹を可愛がってくれている母が
一緒に付き添ってくれると言ってくれました。
とても心強くありがたい!
一人で知らない場所知らない病院へ連れて行くのは心細かったから
とても助かりました。

少しでも苦しみが楽になるように・・

新しく進まなくては、このままだ。

希望を持って・・


b0151505_13392168.jpg






↑↓ランキングへ参加しています
にほんブログ村 犬ブログへ
[PR]

by ako-dear | 2008-07-23 13:40 | もやし
<< 3回目の月命日。 1日に8回の発作 >>